昭和天皇

提供: Yourpedia
移動: 案内検索

昭和天皇(ショウワ・テンノウ)は、日本帝國第125代皇帝。学習院初等科卒(現在の中学校卒業、いわゆる中卒に相当)。御名は「裕仁(ヒロヒト)親王」。御印は「若竹(わかたけ)」。在位は、1926年12月25日- 1989年1月7日6時33分。

民衆の願望を体現する軍部を止められず、日本帝國は大東亜戦争に突入。しかし、竹槍VS原爆、という日米の国力の差は克服するすべも無く、敗戦を迎える。戦争の最高責任者として東京裁判にかけられそうになったが、諸方面の尽力により東京裁判を免除されて、天寿を全うする。

温厚な風貌と性格が国民に愛された。GHQさえ、彼の人気を利用して日本統治を成功させた。 口癖は「あ、そう」。

靖国神社のA級戦犯合祀を不快として、靖国参拝を止めたことが暴露され、関係者のヒステリーを呼んだ。

日本中の中卒の憧れの的である。日本で一番有名で偉い中卒である。

参考資料[編集]

ウィキペディア日本語版